ダンボールの迷路は箱と狭いところが好きな猫にぴったりです。

MENU

遊び場所を作ろう!~猫編~

 

猫を飼っているなら、ぜひとも作りたいのが遊び場です。
身軽で軽やかに動く猫に、楽しく遊べる場所を作ってあげるとストレス発散や運動不足の解消になります。
特に、俗に言うデブ猫気味なら遊び場所を作るのは急務です。

 

日用品や不用品から簡単に作れる遊び場所、少し工夫をした豪華な遊び場所、いろいろなものがあります。
どのように作るのか、猫がどのように遊ぶのかを解説しながら紹介します。

 

ダンボールの迷路

猫は狭いところが大好きで、時折ダンボールなどに飛び込んでは遊んでいます。
ただのダンボールが遊び場所としてふさわしいのか疑問に思うかもしれませんが、実はこれだけでも十分なのです。

 

猫の好奇心を刺激し、運動するきっかけを与えられれば十分なのです。

 

ダンボールハウスと猫

そんなダンボールを使った遊び場所として、迷路が挙げられます。
複雑なものにする必要は無く、それこそダンボールをいくつか積み重ねるだけでも良いでしょう。

 

狭い通り道を作るように積み上げれば、猫は隙間を通って探検を始めます。
居心地の良い場所を見つければ、そこがお気に入りになるでしょう。

 

ダンボールを積み重ねてガムテープで止めれば、キャットタワーのような役割を果たせます。
爪とぎでボロボロになる可能性が高いので長持ちはしませんが、一時の遊び場所としては非常に魅力的です。

 

自作のキャットタワー

猫と言えば高いところが大好きなイメージがあります。
これは危険を回避するためだったり、遠くまで見通せるようしたりする意味があるようです。

 

そこで作りたいのが自作のキャットタワーです。
立派な商品を買うとそれなりの値段になってしまいますが、自作すれば予算は低く抑えられます。

 

例えば、壁に板を取り付けて、その上にクッションを貼り付ければ階段とキャットタワーの出来上がります。
高いところに登りたい欲求がある猫は、必ずそこを登ろうとするでしょう。

 

クッションの代わりに、要らないカーペットを筒状にしておけば簡易トンネルの完成です。
トンネルの中に身をひそめる猫の姿は、間違いなく癒されます。
高いところへ登るのは結構な運動量になるので肥満防止にも効果ありです。