ケージに慣れないようなら、飼い主のニオイがする衣類を置いてあげましょう。

MENU

ケージを設置する時のコツ~犬編~

 

ケージの中にいる犬

犬を飼っている場合、うまく活用したいのがケージです。
ベッドの代わりになりますし、ちょっとした留守番の際にはケージに入れて置くのも良いです。

 

長時間ケージに入れっぱなしにするのはストレスになりますが、少しの時間なら室内での事故防止になるでしょう。

 

そんなケージですが、室内のどこに置くのが適切でしょうか?
置き場所や環境をどう整えるかは、飼い主の腕の見せ所です。
犬にとって快適なケージがどんな状況なのか、設置する時のコツは何なのかを見てみましょう。

 

飼い主のベッドの近くに置く

ケージを置く場所ですが、飼い主のベッドの近くが良いでしょう。
飼い主が近くに居るのは犬にとって強い安心感となります。
距離が離れていると不安に感じてしまう犬も居るので注意してみてください。

 

犬は古来から群れで生活して来た動物なので、今でもその習性が遺伝子に刻まれています。
群れの中で過ごすのが当たり前だったので、誰かが傍に居る状況こそが落ち着く環境となります。

 

ただし、リビングと寝室が別な場合はケージを置く場所を工夫しなければなりません。

飼い主が居る時間が長い場所の方が安心感が増します。
部屋が別なら、リビングにケージを置いておき、眠る時は寝室へ運んであげると良いでしょう。

 

室温などの環境にも配慮する

ケージを置く時に注意したいのが環境です。
どんなに設置場所が良くても、そこがエアコンの空気が当たる場所なら風邪を引く原因になります。
犬は言葉を喋れないのでストレスがあっても不満を言えません。
自然とケージを嫌がるようになってしまいますし、最悪のケースでは体調不良になるでしょう。

 

ケージの下に段ボールや毛布を敷いておくと寒さ対策になりますし、ケージに毛布を掛けるのも良いです。
暑さ対策をするなら通気性の良い布などを置いておくと効果的です。

 

ケージに慣れないようなら飼い主の匂いが付いた衣類を置いてあげるのも良いでしょう。
犬の気持ちを考えてしっかりと環境を作ってあげるようにしてください。