猫は牛乳に多く含まれている乳糖を分解できないので、多く与えると下痢をしてしまいます。

MENU

猫に食べさせては行けないものとは?

 

猫

可愛い猫におねだりされたら、ついつい人間の食べ物を与えたくなってしまいます。
ですが、油断していると猫に有害な食べ物を与えてしまい、死なせてしまうかもしれません。

 

猫に食べさせてはいけないものが何なのか、細かく把握しておく必要があるでしょう。

 

ネギ科

有名なのは、猫にネギ科の食べ物を食べさせてはいけないと言うことです。
玉ねぎ中毒とも呼ばれており、これはひどい貧血状態を引き起こしてしまうのです。

 

犬も玉ねぎが危険なのですが、猫はその何倍もリスクが高くなっています。
犬と猫では身体のサイズが違うので、当然致死量も変わって来ます。
身体が小さい猫にとっては、たまねぎを少しかじっただけで中毒症状を引き起こしかねません。猫には絶対にネギ科の食べ物を与えないようにしましょう。

 

時々誤解している飼い主が居るのですが、加熱しても絶対にダメです。
何でも加熱すれば大丈夫と考えるのは、極めて無知な行動です。
生であろうと、加熱しようと、ネギ科は猫にとって毒でしかないのです。

 

貝類

貝類も食べさせてはいけないものなので注意しましょう。
有名な話で、猫にアワビを食べさせると耳が落ちるというものがあります。
これはアワビに含まれる有毒な成分が、皮膚病を発症させて猫の耳を腐られてしまうのです。
エビやカニなども与えない方が良いので覚えておいてください。

 

イカ

他にはイカも猫にとっては危険な食べ物です。
イカを食べるとビタミンB1欠乏症を引き起こし、ひどいと歩行困難に陥ってしまうのです。
加熱されたものであれば多少は平気ですが、食べ過ぎは嘔吐の原因になるので注意してください。
事故として挙げられるのは晩酌中につまみのスルメイカを食べて中毒になるケースです。

 

牛乳

ちなみに、信じられないと思うかもしれませんが、牛乳も与え過ぎてはいけません。
牛の乳には乳糖が多く含まれており、猫はこの乳糖を分解出来ないため下痢をしてしまいます。
昔の映画やアニメ作品では猫に牛乳を与えるシーンがありますが、あれは間違った対応なのです。

 

ただし、少量では問題にならないので過剰に心配する必要は無いでしょう。
猫に食べさせてはいけない物が何かを把握し、健康を守ってあげるように配慮することが大切です。

 

犬に食べさせてはいけない物