犬なら年間で15~20万円、猫なら13~18万円程度が食費や日用品、医療費として必要です。

MENU

ペットを飼うのに必要な年間費用

 

ペットを飼い始めれば、当然ながらお金が必要になって来ます。
毎日の食費はもちろん、トイレエサの容器などを揃える必要もあります。
ペットを飼おうと考えている人は、年間でどれだけの費用が必要か想定しておきましょう。
飼い始めてからお金が足りないという状況になるのは、最悪なのです。

 

ひと月の費用

飼うペットにもよりますが、ここでは一般的な犬と猫を基準に想定してみたいと思います。
まずの食費ですが、大体毎月の費用が5000円から1万円になります。
大型犬だともう少し高い費用が必要になるでしょう。

 

お金

ちなみに、高級なペットフードや新鮮なエサを用意すれば、ペットの食費は3万や5万、それ以上に膨れ上がります。
5000円から1万は、毎月最低限必要な費用だと想定しておくのが良いです。
猫は犬よりも少し安く、3000円から8000円ぐらいとなります。

 

年間で換算すると5万から10万程度の食費がかかる計算です。
このぐらいの出費なら問題無いと考える飼い主がほとんどでしょう。
しかし、ペットにかかる費用はこれだけではありません。

 

日用品

室内で飼うのであればトイレのシート猫砂などの日用品が必要です。
病院へ連れて行くためのキャリーやペットの証である首輪、遊ぶためのおもちゃなども買うでしょう。
こうした費用は年間で3万から5万をみておく方が安全です。

 

予防接種

さらに、病院で予防接種を受ける費用も発生します。
予防接種の種類にもよりますが、年間で1万円程度を出費に入れておけば問題ありません。
去勢手術や避妊手術を行うのであれば、5万程度の手術費用も掛かります。

 

食費、日用品、医療費、こららを総合すると、犬なら年間で15万から20万は必要です。
猫なら13万から18万程度となるでしょう。
どちらも最低限必要な費用なので、出費はこれ以上になることを想定しておく方が安全です。
ペットを飼うということは、1つの命に対して責任を持つことです。
大切な家族を養うのだと思い、十分なお金を用意しておきましょう。