飼い主の経済的な負担を減らすためにも、ペット保険の加入をおススメします。

MENU

ペット保険の加入を!

 

最近はペット保険が充実して来ています。
これはその名の通り、ペット用の保険制度です。
病気になった際に、治療費や手術費の一部を保険会社に負担してもらえるものなのです。
そして、このペット保険は多くの人が加入しておくべきものになりました。

 

ペットの長生きに伴い病気も増加

現代のペットフードは栄養バランスが非常に優れており、ペットは自然と長寿になっています。
昔だと、猫は10年生きれば長寿と言われていましたが、今では20歳まで生きる猫が珍しくありません。

 

獣医と犬

ここ数十年の間に、猫の寿命は2倍まで伸びていると言えるでしょう。
そうなれば必然的に、様々な病気を発症する確率が高くなっています。

 

そのため、高齢のペットが病気になり高額の治療費や手術費が発生するケースが増えているのです。
だからこそペット保険に加入しておく必要があります。
病気で苦しんで居るペットを、治療費が高いから放置する飼い主は基本的に居ないでしょう。
飼い主の経済的な負担を減らすためにも、ペット保険には加入しておく方が良いのです。

 

長寿になるのはとても喜ばしいですが、残念ながら病気のリスクは高まってしまいます。
ガンや糖尿病など、人間と同じような重病をペット達も患っているのです。

 

病気にかかったときの治療費

仮にガンの治療費であれば、40万から50万の費用が発生するでしょう。
痛みを緩和する薬代や延命治療を行えば、さらに費用はかさみます。
万が一の時に備えて、ペット保険に加入することを検討してみてください。
金額も毎月1000円程度の安いプランがあるので探してみましょう。

 

また、ペットの病気は身体の病気だけでなく心の病気も存在します。
病気にさせないように、ペットの心の病気についてもしっておきましょう。

 

ちなみに、ペットと一括りにしてもいろいろな種類があります。
ペット保険の対象は主にで、他にはうさぎフェレットなどが一般的です。
カメやハムスターなども対象になるペット保険もあるので、自分のペットが保険の対象になるか調べてみましょう。

 

また、ペットの年齢や発症している病気によっては加入制限があります。
病気になってからペット保険を探しても遅いということだけは、頭の片隅に置いておきましょう。